TOP PROFILE DOMAIN ENVIRONMENT 1 DAY OF STAFF NETWORK ACCESS
顧客第一主義。
顧客発展をコンセプトに常に顧客の視点でスピードと正確さを重視して動く、私たち主要部署スタッフの
ある一日をご紹介します。
出社後、昨夜の出荷前完成品状況を確認。今日は朝一番での納品があり、数量の間違いは無いか、品質は大丈夫か?出荷前最終確認を実施。 今日は初めての製品をテスト製造する為、午後からクライアントの立会い検査が実施される。出社後、各責任者とラインセッティングの最終確認を実施。 出社すると、海外工場から試作の見本写真がメールされて来ていた。直ぐに関係各署にメール転送し、出来上がり状況の確認を依頼。
始業。各署責任者全員揃っての定例ミーティング。今日一日の全部署の動きを再確認。 始業。各署責任者全員揃っての定例ミーティング。今日一日の全部署の動きを再確認。 始業。時間の少ない試作作りの為、定例ミーティングを欠席。至急、確認作業を実施。
納品伝票を発行後、資材に納品数を連絡して製品を配送車に積み込み作業を実施。再度数量確認。 製造全スタッフが現場に入る。本日の製造予定と昨日の実績を確認後、変更と注意点を説明しライン作業開始。 開発中の3Dデザインデータがアップしたと担当者から連絡。10:00から打合せを入れる。その間、各署から試作イメージのメールが入る。若干の変更が必要な模様。
納品場所到着、受入担当の方の立会いで納品確認。資材担当者と今後の進行状況を打合せ後、製造部材を受取り。 メインラインとは別にサブラインを使用して立会いを実施する為、新製品の部材やマニュアルをセッティング開始。 3Dデータを用いての会議。イメージ通りに出来上がっている為、試作データ作業を進める事で決定。今後の予定を互いに確認。
帰社後、資材立会いで部材の払い出し振分け作業を実施。作業中にクライアントから見積り依頼の電話が入り、15:00にアポイントを決定。 セッティング終了後、作業スタッフが入り、製造全体のレクチャーとテスト製造を実施。 試作の変更イメージをより分かりやすく伝える為に、海外とIT会議を実施。互いに大型モニターに向かって認識のズレが無いよう細部まで確認を実施。
昼食休憩 昼食休憩
メインラインの製造状況を
関係スタッフに確認。
昼食休憩
IT会議が長引いた為
遅めの昼食。
資材担当者と社内及び協力会社への部材振分けを打合わせ後、見積り依頼が来ている事を製造責任者に連絡。その後、クライアントに向かう。 クライアント来社。製造環境と工程状況を説明後、各作業毎にチェックを開始。より効率性と品質を上げる為に様々な改良点を協議。 明日からの出張の為に作成してきた企画書類の仕上げを実施。
15:00から東京の関連会社とIT会議を行う為に資料の作成を急ぐ。
クラアイントに到着後、新製品の製造内容と予定スケジュールを打合せ。至急、見積りが必要の為、打合せ後、直ぐに全体統括責任者に連絡。また、最終納品に行けない為、サブスタッフに納品内容の確認連絡を行う。 午後休憩。休憩を利用して、クライアントと作業状況と改良点を話合い。直ぐに対応可能な部分は休憩後にライン上でテスト導入を実施。 関連会社の新規事業に伴う新商品提案書を元に東京とIT会議を実施。明日のプレゼンでの方向性と今後の作業予定を確認する。
また、別クライアントからの依頼で商品キャンペーンのオリエンがある旨。
帰社。遅い休憩後、統括責任者に見積り内容を説明。急ぎの為、製造ライン終了後に関係者で打合せを実施する事に。その後、社内外の今後の進行予定表を作成し、関係者にメールとFAXで連絡。 テスト製造終了。今後の量産製造に向けて改良点や変更点、進行予定を確認後、解散。メインライン製造に全製造スタッフが入り明日の納品分に向けて作業を実施。 出張用の書類修正を実施。また、オリエンに使用する企業説明の書類を準備。
終業。本日の納品・製造状況を資材・検査・製造に確認。また、明日の納品予定数を再確認。 本日の製造状況と明日の予定を確認後、終業。資材担当者と話合い、明日分の部材セッティングを開始。 海外工場に現状の試作修正状況を電話確認。今晩中に進行状況の写真をメールで送ってもらうよう依頼。
社内関係者と見積り製品の説明会議を実施。 社内関係者と見積り製品の説明会議を実施。 明日の予定と進行状況をWEBスケジュールにアップ後、終業。
本日最終の部材、製造、納品予定をPCで確認後、退社。 本日製造分の不具合状況や納品状況をPCで確認後、退社。